« TwitterAccountManagerPersonal | トップページ | 漫画CMマーケティング!(スタンダードプラン) »

2017年3月12日 (日)

成約につながりやすいセールスレターの書き方


当サイトを御覧いただきありがとうございます。

「セールスレターの書き方」を作成させていただきましたKMIオフィスの三浦と申します。



当オフィスは、LP/セールスサイト制作専門サイトを運営しております。

今御覧の方の中にも、ご利用いただいた方がいらっしゃるかもしれません。



約5年ほど前から情報商材販売される起業家さまが増え始め、セールスサイト制作のご注文を多くいただくようになりました。

それまでは、一般ホームページ(企業様や整骨院、医院など)をメインに作成をさせていただいておりました。



セールスサイト制作の注文を受けるようになった当初は、ご依頼いただくお客様のほとんどが情報販売経験者の方でしたので、レター(作成の元となる原稿)はすべてお客様がご準備されていました。



しかし、ここ2~3年ほど前からでしょうか。

サイドビジネスとしてお手持ちの情報を販売する情報商材販売初心者が増え始めました。



それに伴い、 「レターの作成もお願いできますか?」というお問い合わせをよくいただくようになりましたが、私自身、それまでレター作成の経験がなかったため、お断りさせていただいておりました。



レター作成経験の豊富な依頼者さまからお預かりする原稿は、さすがに読み進めやすく、インフォトップやインフォカートでも上位ランクインされる方も多くいらっしゃいます。



日々すばらしい原稿をじっくり拝見しながら、サイト制作をしているうちに、「共通した読み進めやすいレターの流れ」があることに気づきました。



その「あること」に気付いてからというもの、作成前にお預かりするレター内容が気になり始めました。



>>>>成約につながりやすいセールスレターの書き方




それまでは、レターを見ながら、キャッチコピーにインパクトを付けたり、関連イメージ画像で見栄えのよいヘッダーを作成するなど、商材を活かすための「デザインを重視」して作成させていただいていました。

でも、成約率をお伺いすると、思うように売れない…というお声を耳にし、「どうしたら成約率の高いサイトをご提供できるのだろう…」と真剣に考えるようになりました。





商材は素晴らしいのに、思うように売れない…



もっと工夫をすれば売れる可能性はぐんと上がるはずなのに…。



サイト制作以外に何か私に出来ることはないだろうか…?





まず、原因を考えてみました。



レターを書きなれていない方の共通点は「キャッチコピーのインパクトの薄さ」そしてレター本文の「読み進めにくさ」に原因があることがほとんどです。



まずページを開いた瞬間に飛び込んでくるキャッチコピーはかなり重要なポイントになります。

その部分のインパクトが薄いと、一瞬にしてページが閉じられてしまいます。



ヘッダー部分をクリアしたとしましょう。



次は本文です。

キャッチコピーを見て期待感を持った閲覧者はどういう内容なのか、興味を持ちます。

そこで、商品(商材)を魅力的に紹介してれば、さらに読み進めてもらえますし、なんか読みにくいな、、内容が伝わってこない…わかりにくい…と感じさせてしまえばそこでページは閉じられてしまいます。



どうして読みにくいのか…



それは、流れがぎこちないことが原因のように感じます。



商材について全く知らない人に読んでもらって感想を聞くのが一番良い方法なのですが、なかなかそうもいかない環境の方も多いと思います。



そこで、私自身が、お客様からお預かりするレターを拝見し、 読みやすい順番に変えてみたり、閲覧者が求めていると思われる文章を追加したり、読み進めやすいように見出しを追加してみたり…という作業をサービスに取り入れてみました。



最初は試行錯誤しながらではありましたが、徐々に成果が出てきました。

アクセス解析を設置し検証した結果、以前はページを開いても、すぐに閉じられていたサイトが、10秒、20秒、1分、2分…と読み進める時間が増えていったのです。



セールスレターは縦長のサイトですので、その時間の経過でだいたいどのくらいまで読み進めていったかが分かります。

何度か改善を繰り返し、申込みボタンの位置や構成の入替など、様々なテストを行った結果。。。



成約につながったのです!



一度成約にこぎつければ、あとはスムーズです!



LPやセールスサイトを訪問する方の多くは、情報を求めて訪問します。

つまり『見込み客』です。



求めている情報が、自分が探していた情報をマッチすれば…購入ボタンをクリックする確率は高くなるはずです。





今回ご提供させていただきます「セールスレターの書き方」は、私が様々なテストをし、成約につながりやすいレターの流れをご紹介したマニュアルとなっております。



文章を書くのが苦手な方も、いらっしゃると思いますが、ランディングページはセールスサイトを準備する際には、必ずレターは必要です。







>>>>成約につながりやすいセールスレターの書き方
























« TwitterAccountManagerPersonal | トップページ | 漫画CMマーケティング!(スタンダードプラン) »

稼ぎたい方向け」カテゴリの記事

無料ブログはココログ

おすすめ人気サイト